menu
  1. バイアグラの副作用について
閉じる

バイアグラの効果と処方について

「バイアグラ」はアメリカでは1998年に発売、その翌年の1999年に日本国内でも販売された世界初のED治療薬です。
現在国内では「25mg、50mg」2種類の容量が販売されています。

バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」という「血管拡張作用」のある成分です。
勃起は陰茎内に血液が充満することで起こりますが、シルデナフィルは陰茎周辺の血管を拡張させることで、血液の流れを良くしEDを改善します。
バイアグラはあくまで血流を良くすることで勃起をしやすくする薬であり、性的興奮を高める薬ではありません。
陰茎に血液が充満しやすくなるだけで、性的な刺激がなければ勃起は起こりません。

バイアグラは即効性があります。
服用から「約30分後」に効果があらわれ、それが「約3~6時間」持続します。
性行為をする1時間ぐらい前に飲むと、良いタイミングで効き目がではじめ、十分効果も持続します。

バイアグラは「空腹時」に使用するのが原則になっています。
食事と一緒に、または食後に服用してしまうと薬の効果が正しくでない可能性があります。
特に脂質の多い食事は、胃や腸に粘膜をつくり有効成分の吸収を妨げるため効果がほとんど期待できなくなります。
「バイアグラの効果が出ない」という人のほとんどは服用方法に間違いがあり、とくに「食事と一緒に服用している」ことが原因です。
一般的な薬の感覚で「食後」に飲んでしまうと、効果が著しく落ちてしまうのです。
もし食事をしてしまったという場合には、最低2時間ほどあけてからバイアグラを服用しましょう。
きちんとした効果を発揮する為にバイアグラの使い方は正しく覚えることが大切です。こちらのリンク先に詳しく記載されてますので、確認してみると良いでしょう。

また服用時は過度のアルコールは避けることが大事です。
適量のアルコールは、リラックスでき性的興奮を高めてくれますが、過度のアルコールは性的興奮を弱めるため、勃起をすることが難しくなります。
またバイアグラの影響で血管が拡張しているため、アルコールが吸収されやすく二日酔いになりやすいという点でも、過度のアルコールは避けるべきです。

病院でのED治療からバイアグラ処方までの流れ

ED治療薬は、医師の診断による処方箋が必要になる医薬品です。
そのため購入には病院・クリニックなどで診断を受ける必要があります。

病院やクリニックでED治療を受けようとする場合、まずどこのクリニックに通うかを決めましょう。
男性スタッフのみの専門クリニックなどもあるので、地理的な通いやすさだけでなく、心理的な通いやすさも考慮して選ぶとよいと思います。

通う病院・クリニックを決めた後は、予約をとるか直接通院することになります。
ED治療は自由診療なので、通院時に「保険証」や「身分証明書」を持参する必要はありません。

通院後は、まず問診票の記入をすることになると思います。
病歴や現在服用中の薬などについての質問に答えます。
ED治療薬には併用すると危険な薬があるので、服用中の薬は記入漏れのないよう特に注意しましょう。
病院・クリニックによっては問診票をウェブ上でダウンロードできる場合があります。
事前にダウンロードしておくことで、時間に余裕をもって回答できるでしょう。

問診票をもとに医師の診察を受けます。
医師からの質問や、EDに関する悩みの相談、ED治療の禁忌事項の確認などのやりとりが行われます。
この診察を通して、医師が患者にあった種類・容量の治療薬を選択してくれます。
診察の中で「触診される」「下半身を見せなくてはならない」などといったことは、まずないと考えて大丈夫です。
病院・クリニック側がプライバシーにはしっかり配慮してくれます。

診断後は薬を処方を受けます。
病院・クリニックによっては院内でそのまま処方を受けられる場合もあります。
院内処方のほうがプライバシーがより守られやすいと思いますので、気になる方はホームページや病院に問い合わせをして確認しておくと良いでしょう。

おすすめ記事

  1. バイアグラの副作用について
ピックアップ記事
  1. 日本人は世界と比較してEDの人が多いと言われています。それも表面化している数で考えても多く、実際…
  2. ED治療薬として最も有名なのはやはりバイアグラです。世界中に多くの愛用者がおり、安心感抜群の薬で…
  3. 医薬品でED治療をしようと考えているけど、副作用が心配という人は多いでしょう。薬には副作用が付き…
ページ上部へ戻る