menu
  1. バイアグラの副作用について
閉じる

バイアグラの副作用について

バイアグラを持つ医師

バイアグラといえば、1998年にアメリカで認可されて以来、ED治療薬として高い評価を受けており、全世界で服用されています。
そのバイアグラの主成分はシルデナフィルという物質であり、狭心症の治療薬にために開発が進められていたところ、ED治療に有効であることが判明したことから、ED治療薬として開発されてきた経緯があります。
主な作用としては血行を促進し、男性ホルモンを活性化させる物質の分泌の弊害になる酵素を抑制することで勃起を促すものですが、副作用にも気をつけなければならない薬です。

バイアグラの副作用として真っ先に思い浮かぶのが、顔や身体の火照り、頭痛といったものです。
これはシルデナフィルの作用により、急激に血行が促進されることによって、頭部の血管が拡張されることから引き起こされる症状です。
したがって、飲酒した際に起こる二日酔いと非常に似た症状であるともいえます。

また、こういった副作用は火照りや頭痛だけでなく目の充血や鼻粘膜の充血による鼻炎、消化管の充血による下痢や胃痛などを引き起こすこともあります。
さらに、急激な血流促進は血圧の低下を招くことにもなりますから、めまいや動悸などの症状を引き起こすこともあります。

さらに、バイアグラは狭心症の治療薬として開発されながら、これを服用することによって狭心症の発作を引き起こしてしまうことがあります。
それは、シルデナフィルは血流を促進するために血管を拡張する作用が強いことから、その結果、血圧を下げてしまう作用が働くことによって引き起こされるものです。

つまり、急激に血圧が下がってしまうことで、心臓に送られる血液の量が不足し、狭心症の症状を引き起こしてしまうのです。
特に心筋梗塞などの心臓病治療に使用されるニトログリセリンなどの硝酸剤や不整脈に使用されるアンカロン錠は、バイアグラ同様に血流を促す作用を持った薬であることから併用禁止薬に指定されています。
アメリカなどでは死に至ったケースもありますので絶対にバイアグラとは絶対に併用してはなりません。

副作用の対処法は?我慢しなければダメ?

バイアグラの副作用は、その成分が過剰に反応した結果、引き起こされるものであり、言い換えれば少なからず誰でも経験する症状でもあります。
したがって、バイアグラの持続時間である5、6時間後には自然となくなるものです。

極稀に数時間にわたって勃起した状態が続くことがありますが、放置しておくと陰茎の動脈が破裂して、大量の血液が海綿体に流れ込んでしまい持続性勃起症と呼ばれる疾患につながることがあります。
そのため早急に病院で診察を受けることが必要です。
こういった例を除いて、副作用はバイアグラの持続時間が切れるまで待たなくとも緩和することも可能です。

例えば、火照りや頭痛といった症状は、脳内の血管が拡張されてその周囲の神経が刺激されることで引き起こされるものですから、軽度の場合であれば、発熱した際と同じように頭を冷やすことでも十分に緩和されます。
最近では、発熱時に頭を冷やすための貼り薬なども市販されていますので、こういったものを利用すると良いでしょう。
また、ロキソニンなど抗炎症作用のある鎮痛剤で症状を緩和させるのは非常に有効です。

もちろん、医療機関で処方されるものだけでなく、ドラッグストアなどで市販されているものでも十分に副作用を軽減できます。
ただし、頭痛薬の多くは胃粘膜が荒れるのを防ぐために空腹時は避けて服用することが望ましいとされています。
しかしながら、バイアグラは空腹時に服用することが大切です。
そこで、頭痛薬を服用する際には服用量を少量に調節するか、胃粘膜の荒れを防ぐ胃腸薬とともに服用するなどの工夫が必要になります。

また、頭痛に限らず鼻炎や胃痛や下痢といった消化器系の副作用についても粘膜などの充血が原因で引き起こされるものです。
医師やドラッグストアの薬剤師に相談して、副作用を抑える医薬品をあらかじめ用意しておくと安心です。
ただし、めまいや動悸については狭心症の恐れも考えられますので、症状が続くようであれば、早急に医師に相談することが大切です。

おすすめ記事

  1. バイアグラの副作用について
ピックアップ記事
  1. 日本人は世界と比較してEDの人が多いと言われています。それも表面化している数で考えても多く、実際…
  2. ED治療薬として最も有名なのはやはりバイアグラです。世界中に多くの愛用者がおり、安心感抜群の薬で…
  3. 医薬品でED治療をしようと考えているけど、副作用が心配という人は多いでしょう。薬には副作用が付き…
ページ上部へ戻る