menu
  1. バイアグラの副作用について
閉じる

シアリスの副作用は?効果と通販について

シアリスはED治療薬の中でも「副作用が少ない」といわれてます。
さらに効果を発揮する時間も長いため、事前に余裕をもって服用できるなど利便性が高く、世界で高いシェアを獲得しています。

副作用が少ない理由は、シアリスの有効成分である「タダラフィル」にあります。
ED治療薬の効果は、陰茎内の海綿体の血管を拡張し、血流を良くして勃起をサポートすることで発揮されますが、タダラフィルはこの「血管拡張」を従来のED治療薬になどに比べてゆるやかに起こします。
「タダラフィル」はその構造が消化分解されにくい特性をもっているため、服用後もすぐには消化されず、徐々に消化されていきます。
そのため血管への負担も少なく、副作用も少なくなっているのです。

従来のED治療薬は即効性が高い一方で、その副作用が問題視されることがありました。
即効性があるというのは、それだけ血管の拡張がすばやく起きているということであり、身体に大きな負担がかかります。
結果、ED治療薬にあらわれる一般的な副作用「顔のほてり、めまい、胸やけ」などの症状がでやすくなっていたのです。
一方シアリスは即効性は期待できませんが、ゆっくりと効き目があらわれるため身体への負担が小さく、一般的な副作用の発生率が低くなっています。
また発生した場合でも軽微である場合がほとんどです。

シアリスの効果はかなり長時間におよびます。
最大効果時間は約36時間あり、性行為の前日などに飲んでおくことができるため、非常に使いやすいという特徴をもっています。
しかし薬がゆるやかに効き始める特性上、服用後すぐに効果を期待することができないという欠点もあります。
即効性の高いED治療薬では、服用後1時間以内には十分な効果が発揮されますが、シアリスは服用後3時間ほどの時間が必要です。
ですが効き始めるまで時間がかかることは必ずしも欠点とはいえません。
服用後に素早く効果が出る薬は性行為の直前で飲む必要がありますが、シアリスは時間に余裕をもって飲んでおくことができるため、その服用をパートナーに悟られにくい点はメリットと考えることもできます。

シアリスの服用方法などは医師に相談しましょう

日本国内でのシアリスの容量は3種類「5mg・10mg・15mg」があります。
その容量に応じた効果があるので、医師に相談のうえで自分の身体にあったものを選びましょう。

服用のタイミングは、基本的にはいつ服用しても問題はありません。
シアリスは食前・食後、どのようなタイミングでも効果が発揮されるとされています。
ただし最大限効果を発揮させたい場合には食事は控えめにしましょう。
食事が約800kcalを超える場合には十分な効果が発揮されない可能性があります。

さらに高い効果を求める場合は「空腹時」に服用すべきです。
どんなに軽い食事でも効果発現までの時間、持続時間などに影響を与える可能性がありますが、空腹時なら成分はすみやかに身体に吸収されます。
シアリスは一度成分が吸収されてしまえば、その後の食事の影響は受けないので、服用後2時間程度たった後は自由に食事をして問題ありません。

また服用後はアルコールの過剰な摂取を避けることが大切です。
適度なアルコールは精神を安定させプラスになりますが、過度の飲酒は性的興奮を妨げてしまいます。
ED治療薬はあくまで性的興奮を受けたあとの勃起までの流れをスムーズにするものであり、性的刺激がない場合でも勃起するわけではありません。

個人でシアリスを入手する方法には「医師の処方」以外にも「個人輸入」による方法があります。
シアリスは医師の診断に基づいた処方が必要となる医薬品ですので、通常であれば診察の上での処方が必要で、国内ネット通販での入手は違法になります。
ですが個人で使用する範囲であれば、海外から個人輸入し使用すること自体は違法ではありません。
しかしこのような入手方法は大変危険です。

国内で有名なED治療薬製造・販売会社の調査によれば、ネット通販を介して入手したED治療薬の内、約55%が偽造品であったと報告されています。
偽造品は、正しい容量の有効成分が含まれていなかったり、ときにはまったく違う成分が入っていたりと危険性が極めて高いものです。
医師の診断を受けるのが安全かつ確実な入手方法です。

おすすめ記事

  1. バイアグラの副作用について
ピックアップ記事
  1. 日本人は世界と比較してEDの人が多いと言われています。それも表面化している数で考えても多く、実際…
  2. ED治療薬として最も有名なのはやはりバイアグラです。世界中に多くの愛用者がおり、安心感抜群の薬で…
  3. 医薬品でED治療をしようと考えているけど、副作用が心配という人は多いでしょう。薬には副作用が付き…
ページ上部へ戻る